12月号を発送いたしました

12月号(第69号)2021年12月1日発行 定価550円(税込
表紙写真:「閉ざされた神瀬鍾乳洞への道」(撮影:宮原信晃)

■特集
・風刺漫画でたどる2021年
・ひまわり学童「市房神社登山」東 慶治郎

■寄稿・連載
くま川鉄道運行再開へ
くまがわぶらりフォト② 堤 弘行
2022年度版県民手帳
エンブリー・ノート⑥「季節」上村雄一
くまがわスケッチ紀行② 梅田 勇
「人吉城地下室遺構の謎を解明する」益田啓三
くまがわの神さん仏さん(62) 宮原信晃
さわやか美貴の普段着ヨガ③
山へ行こうよ(28)「竜峰山」
懐かしの職業図鑑① 前田一洋/上中万五郎
前山光則『山頭火を読む』雑描③ 上村雄一
俳句大学「季語で一句」(25) 永田満徳 ほか

今月号の詳細

お求めは人吉球磨の書店、TSUTAYA 八代松江店、道の駅坂本でどうぞ。


■新刊案内

岐部明廣 編著
奇跡の二つの吊り橋
あなたは「穴あき川辺川ダム」が欲しいですか?
■B5判/並製本/フルカラー/126頁
■定価1,000円(税別)

詳細→


松本晉一 著

球磨川の駅・ものがたり
=肥薩線(川線)とくま川鉄道の各駅探訪=

定価1,500円+税(送料200円)

開通110周年を迎えた「肥薩線(川線)」と開通95周年の旧湯前線(くま川鉄道)の31駅を訪ね、駅の歴史や沿線の人々の暮らしを追ったガイドブック。月刊くまがわ春秋に掲載された内容を大幅に加筆修正し、鉄道に関するコラム21本を収録。

詳細→


■新刊案内 第39回「熊日出版文化賞」受賞作!
肥後と球磨、その原史世界に魅せられし人々
木﨑康弘 著
肥後と球磨、その原史世界に魅せられし人々
―肥後と球磨の考古学史―

約600頁 定価3,000円(+税)

元・熊本県立装飾古墳館館長の著者がライマンと大野貝塚の関わりの情報に出会ってから始まる日本考古学史への旅。6年の歳月を経て、考古学者たちの眼差しの実際を、肥後と球磨の考古学史として跡付けることを目的にまとめた一冊です。

詳細→


■定期購読

月額500円で毎月お届けします。お申し込みは、下記へお願いいたします。

〒868-0015 熊本県人吉市下城本町1436-4の3号
TEL 0966-23-3759  FAX 0966-23-3759

メールはこちらへ→office@hitoyoshi.co.jp


■単行本

books 総目録→
・木﨑康弘「肥後と球磨、その原史世界に魅せられし人々」→
・岐部明廣「日本遺産 相良三十三観音巡礼」→
・北御門二郎・訳「トルストイ短編集」→
・伊勢戸 明コラム集「くま春秋」→
・前田一洋「笑説 極々最近冥界事情」→

※ご購入はお問合せフォームか、メールでどうぞ。

  

カレンダー

2021年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

インフォメーション

新刊案内

肥後と球磨、その原史世界に魅せられし人々     詳細→

そらと陸の約束

 岐部明廣 著
 (ペンネーム:観音寺遼)
岐部明廣 著「そらと陸の約束」
  詳細→

Facebook