会社概要

 今年、県近代文化功労者に選ばれた故・渋谷敦さんは生前、多くの著作を通じて地元の歴史や人物を掘り起こした人である(43頁)。前田一洋さん、益田啓三さんのお祝いの言葉と共に、改めてその功績を紹介した。★先月号では、前山光則さんの新刊『ていねいに生きて行くんだ』を紹介したばかりだが、今月は上田精一さんの新刊『平和歌集 生きる!』を紹介することが出来た(34頁)。お二人は友人でもあり、八代と人吉・球磨とに関係する、まさに流域の人である。今年、このお二人の本に触れることが出来てたことは幸いであった。★そして今年は弊社からも『球磨川の駅・ものがたり』を発刊することが出来たが、その取材の協力者である福井弘さんが亡くなった。松本晉一さんの「福井弘氏との22年間」(22頁)で追悼。膨大な写真を残され、肥薩線の歴史を調べ続けておられたが、「私は鉄道研究家ではなく、愛好家」と言われ続けたその謙虚な姿勢に頭が下がる。(ま)

カレンダー

2019年11月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

インフォメーション

新刊案内

肥後と球磨、その原史世界に魅せられし人々     詳細→

Facebook